変更届を出さなければならない内容と期日

建設業許可を取った後、5年後に更新があることは
皆さま結構ご存じなのですが、その前にさまざまな
変更の手続きがあることはあまり知られていません。

1.決算期ごと(事業年度終了後4か月以内)に届け出るもの
 →毎年、かならず提出しなければならないものです
  もれなく提出していないと更新ができません
  決算の内容は財務諸表として作成、と主な工事実績を
  工事経歴書として作成します

2.事実が発生したら14日以内に届け出るもの
 →経営業務管理責任者の変更・追加・削除
 →専任技術者の変更・追加・削除
 →欠格要件に該当したとき
 →支店長等の令3条使用人の変更

3.事実が発生したら30日以内に届け出るもの
 →商号・名称の変更
 →営業所の名称・所在地の変更
 →営業所の新設
 →営業所の業種追加・業種廃止
 →資本金額の変更
 →役員等の就任・辞任・氏名の変更
 →代表者の変更
 →個人事業者又は支配人の氏名の変更
 →支配人の就任・辞任
 →廃業

4.期日は決まっていないが速やかに届け出るもの
 →営業所の電話番号・FAX番号
 →健康保険等の加入状況

気を付けなければならないのは、届出・提出をを怠ると
指導や処分の対象になり得ることです。

また建設業許可を更新しようとする際、業種追加をしようと
する際などには、これらの変更点が届けられていないと、
許可の申請を受け付けてもらえない事態になります。

常に最新の状態に届け出ておくことが肝心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − six =