役所で取る証明書の有効期間は何か月か

申請書に添付する証明書類には、それぞれ有効期間があります。

1.有効期間が3か月のもの
  ・登記されていないことの証明書
  ・身分証明書
  ・住民票写し
  ・所得証明書
  ・納税証明書
  ・印鑑証明書
  ・登記事項証明書

2.有効期間が1か月のもの
  ・融資証明書
  ・残高証明書

※所得証明書と納税証明書は過去のもので内容が変わらなければ
 3か月を過ぎていてもよい
※融資証明書で金融機関が別に有効期間を定めていれば
 1か月を過ぎていてもよい

取り直しが無いよう、効率よく書類を揃えるために注意したいこと

1.融資証明書については、金融機関側の審査がありますので、
  早めに相談をしておきましょう

2.残高証明書については、取引先からの入金を待って金融機関に
  依頼をする場合には、ほかの書類が整う目途が立ってからに
  したほうが良いと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + fifteen =