少額工事の登録から建設業許可そして経営審査へ

会社の発展していくパターンは色々あると思いますが、
現在、建設業許可のご依頼を頂いているお客様の一社は
これまで地元自治体が設けている、少額の修繕工事を
請け負う業者登録の制度を利用して営業していました。

少額の修繕工事等については、その工事内容や発注金額に
条件を付けて、入札参加資格のない、地元に本拠を有する
業者に発注する方法を取っている自治体があります。

地元経済の活性化、発注に関する事務の簡素化、などの
理由でなされていることと思います。

入札参加資格が無い業者に限る=建設業許可を持っていない
営業年数の少ない、小さな業者でも受注の機会がある
業者さんにとってはこのメリットは大きいですね。

今回のお客様は、この少額工事の受注で自治体からの信頼を
積み重ねてきましたが、これからはより大きな発注金額の
工事を受注するために、建設業許可を取り、経営審査を受け、
入札参加資格申請まで一気通貫でやり抜ける予定です。

ワンランク上の事業拡大の挑戦です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です