内装仕上げ工事はどんな工事か

内装仕上げ工事について具体的に確認していきます。

具体的な工事の内容
木材、石膏ボード、吸音板、壁紙、たたみ、ビニール床タイル、
カーペット、ふすま等を用いて建築物の内装仕上げを行う

工事名の例
インテリア工事、天井仕上げ工事、クロス工事、間仕切り工事、
床仕上げ工事、たたみ工事、ふすま工事、家具工事、防音工事

家具工事の補足
建築物に家具を据え付け又は家具の材料を現場にて加工もしくは
組み立てて据え付ける工事をいう

防音工事の補足
建築物における通常の防音工事であり、ホール等の構造的に
音響効果を目的とするような工事は含まれない

たたみ工事の補足
採寸、割り付け、製造・加工から敷き込みまでを一貫して請け負う

内装仕上げ工事の代表格は、クロス工事ではないでしょうか。
建築物の内装には欠かせない存在ですね。

また一般住宅以外の建築物で、間仕切り工事に活躍しているのは、
軽量鉄骨壁下地(LGS)ではないでしょうか。

たたみやふすまは和室の減少で完成工事高は減ったと思いますが、
自然素材が見直されてきてもいますね。
たたみで横になるのは気持ちよいし、健康的だと思います。

内装は生活に密着していて親しみやすいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です