土木一式工事はどんな工事か

今回は土木一式工事がどのような工事かについてみていきます。

昭和47年建設省告示(工事の内容)

→総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事で

 その工作物の補修、改造または解体する工事を含む

平成13年国交省ガイドライン(考え方)

→橋梁等の土木工作物を総合的に建設するプレストレスとコンクリート工事

→公道下の下水道の配管工事および下水道処理場の敷地造成工事

→農業用水道、かんがい用排水施設の建設工事

手引き等ではこのように示されています。

弊所の経営審査を通じての経験知としては、上記のほかに、静岡県では

次のような工事を土木一式として取り扱っているのでは、と思います。

→道路の築造工事、改修工事

→水路の築造工事、改修工事

→分譲宅地の造成工事

→比較的大規模な造成工事

いずれにしても「総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設」

という原則にあてはまるか、というのがポイントになるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =