屋根工事業はどんな工事か

台風が上陸するようになると、屋根の状態が気になりますね。
今回は「屋根工事」についてみていきます。

昭和47年建設省告示
→瓦、スレート、金属薄板等により屋根を葺く工事

平成13年国交省ガイドライン(例示)
→屋根ふき工事

平成13年国交省ガイドライン(考え方)
→材料の種類に関わらず、屋根を葺く工事は屋根工事に該当する
→板金の屋根工事も板金工事ではなく屋根工事
→屋根の断熱工事は屋根工事の一部
→屋根と一体の太陽光パネル設置工事は屋根工事に該当する

ここ10年ほどで住宅の屋根に載っている太陽光パネルの形状や
機能は多様化しました。
大手住宅メーカーが提供する屋根材には、太陽光パネルの機能を
備えたものがあるようです。
この屋根一体型太陽光パネルの設置工事は屋根工事となりますが
それ以外の屋根を葺いた上に別途、太陽光パネルを設置する工事は
電気工事になりますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です