造園工事業はどんな工事か

SNS上で自宅BBQをする様子を良く見かけられるようになりました。
巣ごもり需要などという記事もよく見かけます。
家で過ごすことが多くなると、気になり易いのが庭木の手入れです。

今回は造園工事についてみていきます。

昭和47年建設省告示
→整地、樹木の植栽、景石の据え付け等により庭園、公園、緑地等の
 苑地を築造し、道路、建築物等の屋上等を緑化し又は植生を復元
 する工事

平成13年国交省ガイドライン(例示)
→植栽工事、地被工事、景石工事、地ごしらえ工事、公園設備工事、
 広場工事、園路工事、水景工事、屋上等緑化工事、緑地育成工事、

平成13年国交省ガイドライン(考え方)
→植栽工事には植生を復元する工事も含まれる
→公園設備工事には花壇、噴水その他の修景施設、休憩所その他の
 休養施設、遊戯施設、便益施設等の建設工事が含まれる
→屋上緑化工事は建築物の屋上、壁面等を緑化する建設工事
→緑地育成工事は樹木、芝生、草花等の植物を育成する建設工事であり
 土壌改良や支柱の設置等を伴って行う工事

反対に造園工事業者様が取り扱う業務の中で、建設工事に該当しない
兼業事業として売上計上されるものはこちらです。

除草、草刈り、伐採、樹木の選定、庭木の管理、造林等

造園工事業が主な建設業者様については、完成工事高よりもこれらの
兼業事業の売上の割合が高いことが多くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です