防水工事業はどんな工事か

今回は防水工事業の許可がどんなものか、みていきます。

・昭和47年の建設省の告示
 →アスファルト、モルタル、シーリング等によって
  防水を行う工事

・平成13年の国交省のガイドライン(例示)
 →アスファルト防水、モルタル防水、シーリング工事、
  塗膜防水工事、シート防水工事、注入防水工事

・平成13年の国交省のガイドライン(考え方)
 →防水工事に含まれるのは、いわゆる建築系の防水工事
  のみであり、トンネル防水工事等の土木系の防水工事は
  とび・土工・コンクリート工事に該当する。
  防水モルタルを用いた防水工事は左官工事業、防水工事業、
  どちらの業種の許可でも施工が可能である。

ということで、一般的に言われる防水工事全般について、
そのまま防水工事業に該当しますので、悩みどころはないですね。

梅雨や台風が上陸する季節、防水工事業者の皆さまは忙しく
なるようですね。雨漏れは家庭や職場の悩みに直結しますので
お客様ものんびり待ってはくれませんからね。

暑い季節、くれぐれも体調管理にご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + three =