電気通信工事業はどんな工事か

今回は、電気通信工事業の工事内容についてみていきます。

昭和47年の建設省告示
→有線電気通信設備、無線電気通信設備、放送機械設備、
 ネットワーク設備、情報設備等の電気通信設備を設置する工事

平成13年の国交省ガイドライン(例示)
→有線電気通信設備工事、無線電気通信設備工事、データ通信設備工事、
 情報処理設備工事、情報収集設備工事、情報表示設備工事、
 放送機械設備工事、TV電波障害防除設備工事

平成13年の国交省ガイドライン(考え方)
→既に設置された電気通信設備の改修、修繕又は補修は電気通信工事
 ※保守、点検、整備などの役務提供は電気通信工事にあたらない

社会のIT化が進むのに合わせてインフラの整備は欠かせませんね。
今後も多種多様な工事が行われることと思います。

なお請負工事の実績とならない業務として、保守・点検などの売り上げは
完成工事高と区分しなければなりませんので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です