完成工事原価報告書には何を記載するのか

建設業の財務諸表のなかに「完成工事原価報告書」があります。
現場で直接かかった経費をそのほかの経費と分けて計算するものです。
完成工事高(売り上げ)から完成工事原価を引いた金額が粗利になります。
本業である建設工事からどれだけ利益が出ているか、また出さなければ
ならないのかを検証するための大事な計算になりますね。

1.材料費
  工事のために直接購入した素材、半製品、製品、材料貯蔵品等から
  振り替えられた材料費(仮設材料の損耗額を含める)

2.労務費
  工事に従事した直接雇用の作業員に関する賃金、給料および手当等
  外注した経費の大部分が労務費の場合「労務外注費」として含める

3.外注費
  外注費から労務外注費を引いた残りの額

4.経費
  完成工事について発生し、または負担すべき経費から上記の3つの
  経費を引いた残りの額
  動力用水光熱費、機械等経費、設計費、労務管理費、租税公課、
  地代家賃、保険料、従業員給料手当、退職金、法定福利費、福利厚生費、
  事務用品費、通信交通費、交際費、補償費、雑費等
  このうち人件費については「うち人件費」として記載する

最後に役員報酬について注意したい点をご説明します。

少人数の会社の場合、役員が直接工事に関わっていることが大半です。
役員の報酬は完成工事原価ではなく、一般管理費の中の役員報酬として
計上されていますが、直接工事に関わった部分の報酬は完成工事原価の
経費(うち人件費)に振り分けることができます。
このほうが実際の工事原価を把握する近道になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × five =